六本木1860

六本木 − 新美もミッドタウンも武家屋敷

六本木 江戸時代の六本木一帯は武家地。大小様々な武家屋敷が軒を連ねる街でした。中でも大きな屋敷地のいくつかはその後の歴史の中で軍の施設となり、敗戦後は米軍の接収を経て、平和な現代に初めて民間の施設として扉を開くのでした。

一方で六本木は武蔵野台地の端に位置する坂の街。鳥居坂や芋洗坂など、現在も残る地名を見ることができます。